デイトレ初心者が覚えておきたいボラティリティの恐怖

NY原油が続落、一時30ドルを割れ下値を追う展開が続いている。清原ショックなんて騒いでるガキどもがいるが、日経も前日比-559.43と大幅に下落した。

北朝鮮が新たなリスクを運んできた他、今夜から続く米指標を見極めたいとする投資家が多いせいか市場は消極的だ。

再三ブログに書いてきているが、大きく触れた振り子が元に戻るには時間が掛る。高いボラティリティ相場が続くだろう。「ボラティリティ」は、あのトレーダー集団のタートルの連中が資金管理に組み込んでいる重要な要素だ。

計算方法が複雑のため、資金管理は単純に2%ルールを採用するトレーダーが多いが、資金管理の方法には5パターンほど種類がある。その中でもタートルがボラティリティを組み込むくらいだから、それほど重要だということだ。

俺も初心者の頃ボラティリティの変化に対応できず、大きく資金がドローダウンした経験がある。いつもと同じ枚数(単元数)で、いつもと同じように、同じロスカットの値幅を置いておくと、あれよあれよと刈られまくる謎のアレだ。

ボラティリティが高い時は、ハマれば資金は大きく増えるが、その分、大きく資金を減らすことになる。この乱高下相場で揉まれてる奴は、枚数(単元数)を減らすか、手を出さない方がいいだろう。

そんな訳で今日は惹かれる銘柄がないからコレで終わり。

Ads by Cueinc.