女も相場も口説きたいなら大人の余裕を見せつけてやれ!

過去の経験から、「席について開始30秒で乾杯テキーラとシャンパンを入れたら、ほぼほぼアフターに行ける。」この分かり易い夜の世界の優位性と同じくらい、トレードの優位性はないものか?誰か教えてくれ(笑)いきなり出だしがハレンチ過ぎたか。
さて、市場は、主要産油国会合・G20・熊本地震という3つの要因を受け大幅に下落。地政学リスクについては短期的なノイズと考えられるが、原油相場が不安定になり、G20の経て為替介入がし難くなったいう見方が増したことでショート有利な展開になっている。
よく言われるトレードの優位性(勝つ確率の高いトレード)というものを考えてみる。
俺が先週末からブログをサボっていたのは実は理由がある。
プロのファンドマネージャーやディーラーには許されておらず、唯一、個人トレーダーに許された特権ってなんだろうか?
それは、個人トレーダーは、ポジションをキャッシュで1週間持っても、1ヶ月持っても、誰からも怒られないことだ。彼等はどんな相場でも運用しなければならないのに対し、個人トレーダーは自分で相場に入るタイミングを選択できる。
デイトレの中毒性は相当なもので、ギャンブル中毒・アルコール中毒・ニコチン中毒と同じように高い中毒性を持っている。クソ儲かった時、クソ負けた時は、とくに脳がイカれた状態になり易いから相場は休んだ方がいい。また、妙な違和感がある時も相場から距離を置くべきだろう。
時として、相場をやらないことが、勝ちに等しいことがある。
機会損失とかいうアホ共がいるが、俺を含め凡人トレーダーは、教科書に忠実な方がうまく行く可能性は高いはずだ。
あなたは、トレーダーか?中毒者か?
今から、1週間トレードを休む事ができるか?
もし禁断症状が現れるなら、それはギャンブル中毒に侵されているといえる。新しい優位性のあるトレードアイデアを発見するのは難しいが、自分を定期的にメンテナンスし脳をリフレッシュさせることで、トレード力を底上げする事は出来る。いらん事を減らすことこそが優位性を高めるコツであるということに早く気付くべきである。
GWや正月など相場が止まっている時に休むのは簡単だが、相場が動いている時に、自ら相場を休むのは意外と難しい。先週末は、その実験をしていたわけだ。どうやら俺はギャンブル中毒者という事が再認識できた訳だが・・・だいぶリフレッシュされたな。
さて今日から正常運転。GWまで攻めるか。
女も相場も口説きたいなら大人の余裕を見せつけてやれ!って話だ。
よし決まったな?これを言いたかっただけだ半分冗談だが半分マジだ。
以上。

Ads by Cueinc.