明日以降の戦略とか…

地合い悪し。FOMCと日銀の金融政策会合を控え、様子見ムードが漂っている。市場予想は米利上げは見送りで、日銀の追加緩和は期待されている。まずは、今夜の指標が大きくブレれるかどうか、そしてFOMCでどんな声明を出してくるかだな。
個別銘柄も地合いを睨んでの展開になるだろうし予測するのは難しそうだ。ここ2~3日は特に持ち越しリスクが高くなりそうだし俺はデイトレだけに専念するつもりだ。
また個人的にはGW前後は株より為替中心にやろうと計画中だ。そのため個別銘柄のオススメは暫く書かないかもしれない。
ということで、GW前後の個別銘柄の情報収集に使えそうなサイトを書いておく。
【GW前後に使えそうなオススメサイト】
【株式】株マイスター
WEBサイト:https://www.kabumai.com/
株式会社SQIジャパン
関東財務局長(金商) 第850号
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02468 号
ここ最近無料提供された銘柄のその後を追ってみたが、なかなか。
電子書籍関連のブランジスタ(6176)+267.27%
3/16 1,650円 → 4/22 6,060円
人工知能関連のALBERT(3906)+39.79%
3/22 2,350円 → 3/24 3,285円
電子政府関連のジオネクスト(3777)+47.37%
4/5 57円 → 4/7 84円
注目したいのはテーマ株を捉える早さ。ブランジスタなんか、ここまで急騰すると気持ちいいだろうな。ちょっと前ではフィンテック関連・バイオ関連をしっかり抑えてたし、テーマ株の情報はやっぱり投資顧問が強いと思うわ。
そんな便利な投資顧問なんだがデメリットもある。
無料会員に公開される銘柄は、上記の通り、誰にとっても美味い銘柄もあるが、基本的には、不特定多数に推奨される銘柄だから個々の資金量や投資スタンスを判断した上では提供されていないってこと。
つまりは、1単元あたりの株価がデカくて自分の運用資産規模に合わない銘柄も出てくるから、バカ正直に、なんでもかんでも買ってしまったり、損切り判断が出来ないと、いくら良い情報でも活かせない可能性はある。
あと利用するタイミングによっても、地合いが良かったり悪かったりすれば、そりゃ投資顧問の成績も変わってくるから、一定期間使い続けなければ本当の良さは分からんだろう。すぐ結果が出ないと使えねーなーとか思っちゃう早漏野郎は使うのやめておけ。
直ぐに良い情報に巡り合えるかどうかは運も絡んでくるが、自分で銘柄を選べない人達にとっては、大変便利なツールになってくれるだろう。日本投資顧問業協会が毎年3月末に公開している投資助言・代理会員台帳にある助言報酬や契約件数を見ても、個人投資家に人気の投資顧問だと分かる。助言報酬の高さ=結果が出てるって判断していいだろう。オススメだ。
【株式】株マイスター
WEBサイト:https://www.kabumai.com/
株式会社SQIジャパン
関東財務局長(金商) 第850号
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02468 号
【感想】
結論から言えば、このサイトは見ておいて損はないだろう。俺も良くココで情報を仕入れている。トレーダー仲間から教えてもらったが、ここは、Yahooファイナンスの株価予想で有名になった老舗投資顧問らしく、この投資顧問で提供された銘柄があまりにも急騰するため、某掲示板では「株マイスターで提供された情報は黙って買え!」といわれる程だったらしい。その後、有名になり過ぎた為か株価予想にはあまり情報を出さなくなったが実力は健在。ここは無料銘柄提供こそ少ないが、新規会員には、有料で提供している銘柄を無料でくれるサービスをしているから、気になれば試してみるといい。

Ads by Cueinc.