宅配ロッカー関連が来るか?!

3月8日の今日は、宅配関連の話題が目立っているな。その理由は他ならぬヤマト運輸の問題だ。同社の労働組合が「宅急便」の荷受量増大による労働環境の改善を会社側に求めたことで、宅配関連の問題がクローズアップされている。

このヤマト運輸の問題には、アマゾンの影響が強い。というのも、アマゾンの配送はその大半がヤマト運輸に委託している。これがヤマト運転手にとって過酷な労働環境となっているのだ。

アマゾンを利用したことがない人からすれば「甘えだ」と思うかも知れない。ただ、アマゾン愛用者の俺からすれば「当然の結果」だと思う。何しろアマゾンのサービスは過剰なものが多い。消費者にとっては嬉しいことだが、これに不在再配達などの宅配問題が重なれば配送員はパンクもする。

ただ、株式投資の観点で見ればこの問題はチャンスとも考えられる。具体的には宅配ロッカーを手掛ける会社の成長だ。

一部メディアでは「消費者の利便性確保のため宅配ロッカーの設置を加速する」との報道も出ているようで、宅配ロッカー関連が注目を集めているようだ。

個人的に注目している銘柄は神栄だ。同社のグループの新協和は、集合住宅用のポストや宅配ボックスを手掛けている。今後の動きに注目していきたい。

➡情報収集に使えるサイトまとめ
└俺が良く使ってるサイトや、初心者におすすめの書籍やブログを紹介しているページ。株で勝ててない人は参考になると思うぞ。


ブログを書くモチベーション維持にブログ村ランキングに参加中
↓参考になったという方だけでいいのでポチを頼む!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

Ads by Cueinc.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)