民泊関連銘柄が人気化?!本命視はこの銘柄だ。

3月10日の今日の閣議で「民泊新法案」が決定された。これをキッカケに民泊関連銘柄の人気が再燃する可能性が出てきたな。

民泊新法案とは、家主に都道府県への届け出、仲介業者に観光庁への登録を義務づけて、誰でも民泊事業を営める法案のこと。

つまり、手続きさえすれば誰でも空き部屋を貸し出せるってことだ。

民泊の最大メリットは、やはり空き家の問題を解消する可能性があるところだろう。この小さな島国でも空き家や土地に溢れている。これら有効的に活用できれば経済にも良い影響を与えるだろう。

あとは東京オリンピックの開催に備える意味もある。ここ最近、訪日外国人の増加が話題となっているが、東京オリンピックが開催される頃にはそれもピークに達し、宿泊施設が逼迫する可能性が高い。

この問題に対し、民泊の整備は重要な役割を果たすと考えられており、参入する企業も年々増えている印象だ。市場規模の拡大という意味でも期待したい分野だろう。

民泊関連銘柄の本命視と言えば、やはりエボラブルアジアエボラブルアジアだ。

同社はオンライン旅行事業を手掛ける企業で、訪日外国人(インバウンド)関連としてのテーマ性も持っているが、ディアライフと民泊運営企業向けのサービス展開で業務提携したり、インベスターズクラウドとも民泊事業で戦略的業務提携を行うなど、民泊関連の取り組みに注力している。

民泊関連銘柄の本命視として仕込みのタイミングを伺いたい。

➡情報収集に使えるサイトまとめ
└俺が良く使ってるサイトや、初心者におすすめの書籍やブログを紹介しているページ。株で勝ててない人は参考になると思うぞ。


ブログを書くモチベーション維持にブログ村ランキングに参加中
↓参考になったという方だけでいいのでポチを頼む!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

Ads by Cueinc.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)