今後は「銘柄選び」がより重要だ

6月の最終日となる今日は、日経平均株価が大幅に反落しているな。昨日の円相場で円高・ドル安が進行したことで、日本株に対する嫌気が一時的に強まったのだろう。

今後の展開としては、これまでの流れから早期反発に期待ができるが、その一方で波乱を警戒する意見もある。

ただ、どのような相場でも“銘柄選び”さえ間違わなければ、大きな利益を上げられる可能性があるのが株式投資だ。引き続き情報収集を徹底し、うまく立ち回っていきたい。

トレードの調子に波がある人は、銘柄選びに偏りが生じているのかも知れない。例えば、もっとも分かり易いのがテーマ性だ。同じテーマ性を持った銘柄を複数買った場合、そのテーマが人気化すれば大きな利益を見込むことができるが、その逆も然りで下がるときはとことん負ける。

チャートに関してもそうだ。大きな利益が欲しいがゆえ、反発狙いの銘柄ばかり買ってしまってはいないだろうか?改めてポートフォリオを見直すとたまに改善策を見つけることができるので、なかなか調子を上げられない人はぜひこのタイミングで見直すべきだ。

それでも不安が残る人や、調子が上がらない人は、投資顧問の情報を参考にすることをオススメする。例えば、株エヴァンジェリストだ。ここは自身が保有している銘柄や、これから買おうか迷っている銘柄など、専門者に無料で相談することができる。

しかも、何が頼もしいって株エヴァンジェリストの助言者のひとりに「向後はるみ」さんを迎えているってところだ。必ずしも向後はるみさんが相談に乗ってくれるってわけではないと思うが、それでも向後イズムみたいなものが染み渡っていると考えれば、その実力に期待せずにはいられない。

実際、株エヴァンジェリストでは銘柄情報を提供しているんだが、惚れ惚れするような上昇推移が割りとある。

例えば、直近の銘柄で言えばエムアップだ。この銘柄は5月相場に動意付き、その後グングンと株価を上げたことで800円付近を推移していた株価が一気に4200円台まで急上昇しているが、株エヴァンジェリストはこれを5月相場に入る前に「買い」と推奨している。

あとはフォーカスシステムズも印象に残っている。この銘柄はつい先日6月1日に動意付き、わずか1週間で株価が2倍以上に膨れたが、株エヴァンジェリストはこれを同日1日の動意づく直前に「買い」と推奨している。当然この他にも多数ある。

つまり、何が言いたいのかと言うと、単純に株エヴァンジェリストが提供する銘柄情報にそのまんま乗っかるっていうのも戦術としては大いにアリだってことだ。利用する目的は人それぞれだが、いずれのサービスをとっても、株エヴァンジェリストは「銘柄選び」でかなり役立つ投資顧問だ。

基本サービスは無料だし、もしまだチェックしていないって人は一度試してみることをオススメする。

株エヴァンジェリスト>

Ads by Cueinc.

Ads by Cueinc.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)