リミックスポイントがストップ高!仮想通貨の大暴落は影響するか?!

ビットコイン関連銘柄リミックスポイントストップ高まで買われているな。子会社の「ビットポイント」が中国本土の仮想通貨交換業へ本格参入すると発表したことが材料視されているようだ。

同社の発表によれば、中国の大手総合金融会社である「仁和智本有限公司」と、中国仮想通貨取引所「浙江文智有限公司」を支援する合併会社を杭州に設立するとのことだ。

この合弁会社は、「浙江文智有限公司」へ仮想通貨取引システムを提供するほか、仮想通貨ICOなどの手法を用いたアメリカ不動産投資事業などにも展開していくそうで、今後の事業拡大に期待が高まる。

ただ、短期的な意味で言えば、リミックスポイントには不安材料もあるので注意したい。それは仮想通貨全般の価格が昨日から大暴落していることだ。

つい先日も似たようなことが起こり、関連銘柄は一時的に下落した。

ただ、そのときは仮想通貨の価格が早くに反発し、結果的に仮想通貨関連銘柄には良い刺激となったが、果たして今回はどうなるか。

このまま下落が続くようなら株価にもネガティブな影響が出るだろうし、仕込むにしても、そのタイミングには十分に気をつける必要がある。

さて、先日紹介したミリオンストックはチェックしてもらえているだろうか。デイトレーダーとの相性が抜群に良い株サイトだと思うので、まだの人は早めチェックすることをオススメする。

何を持って相性が良いと感じるかというと、それは他ならぬここが提供する銘柄の上昇推移だ。

例えば、ここが5月2日に提供した島精機製作所だが、提供その日からストップ高まで買われた。デイトレーダーとしてこれほど魅力的なものはない。

あとは、ストップ高と言えばケアサービスが印象に残っている。ケアサービスは、4月26日に動意付き、6日続伸している。そのうち4度のストップ高を経緯しているが、ミリオンストックはこれを4月18日の段階で買い推奨している。

助走期間に5営業日かかっているが、それでも動意づく前に買い推奨していたのはすごい。

この他にも、日本ライフラインやディー・ディー・エス、ペッパーフードサービスなど、ここ最近の上昇銘柄をズバズバと言い当てている。

そんなミリオンストックだが、新規会員登録するとすぐ急騰期待の銘柄情報を配信してくれる。しかも無料だ。もし今、何を仕込むか戦略を練っている人は、この銘柄だけでも受け取っておくことをオススメする。

ミリオンストック投資顧問>

Ads by Cueinc.

Ads by Cueinc.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)